和蘭とは

 品種Gallery

 育て方

 販売サイト

和蘭の育て方

和蘭は育てやすく大株になると毎年花を咲かせます。
関東以南の温暖な地域では地植えでも育てることができます。
庭で咲く蘭の花をお楽しみください。

和蘭 庭植

 開花時期
花屋さんへの出回りは12月〜2月頃ですが、ご家庭の場合は3〜4月頃花を咲かせます。
花を咲かせている間はできるだけ涼しい場所に飾っていただくのが長く楽しむポイントです。


 置き場所
一年を通して屋外の半日蔭に置きましょう。
寒さには強い蘭です。関東以南の温暖な地域であれば庭植も可能です。
真夏の直射日光は避けるようにして下さい。


直射日光の当たる場所に植えて日焼けしてしまった和蘭。

 水やり
蘭の中では水が好きな種類です。
特に春〜夏〜秋は乾かさないように与えて下さい。
冬は控えめに週に一度晴れて暖かい日に与えます。


 肥料
春になったら肥料を与えます。シンビジュームに与える1/3の量にするのがポイント。
4〜7月がもっとも成長する季節です。この時期に肥料を忘れないようにして下さい。


 植替え・株分け
和蘭の根が活発に活動する春に行います。桜の咲くころに行うのがベスト。遅くともゴールデンウィーク頃までに作業を終わらせましょう。真夏は和蘭にとって一番過酷な季節です。夏季の植替え株分けは行わないで下さい。


 ハダニ予防
お持ちの蘭が数鉢であれば、2ヶ月に一度くらい葉をウエットティッシュで拭いてあげましょう。
ハダニは葉の裏側にも付きますので、葉の裏側も丁寧に拭いてあげると、予防になります。



 栽培のポイント
1、植替えは控えめに・・・大きな鉢に植替えをすると株が大きくなり、花付が悪くなります。根詰まりさせながら栽培していくことがうまく育てるコツです。おおよそ2〜3年に一度植替えを行って下さい。

2、夏を涼しく管理。屋外の風通しの良い日陰が基本。水遣りを夕方涼しくなってから行うとようにすると、日中暖められた鉢内の温度を下げることができます。


 良くある質問

Q:シンビジュームのように芽カキを行う必要がありますか?
A:特に芽カキを行う必要はありません。春に葉芽が出過ぎた場合は一鉢に3〜4芽程度に制限すると太りが良くなります。

Q:鉢の中が古い株でいっぱいになってしまいました。
A:春に植替えをするときに葉っぱのなくなった株(バルブ)は取り除いて整理しましょう。まだ葉の付いている株は次の世代を育てる役割をしています。大切に育てて下さい。


☆品種ごとの特性は和蘭品種Galleryも合わせてご覧く下さい。



 和蘭・原種シンビの購入はネットショップをご利用下さい。

代引き・銀行振込をご希望の方は下記の注文用紙をダウンロードしてご注文下さい。尚、商品の価格・在庫状況はネットショップをご確認下さい。ネットショップ掲載品種以外にも取り寄せ可能です。希望の品種がございましたらメールにて、ご連絡下さい。

info@y-michikusa.com


特定商取引法に基づく表示

TOPページへ戻る。